外反母指,関節痛,O脚,腰痛,偏頭痛,インソール,堺市,巻き爪,フットリフォーム。自賠責,交通事故

外反母指偏平足,,足のトラブルを解消
(財)柔道整復研修試験財団認定柔道整復師卒後臨床研修施設、NPO法人日本伝統医療評価機構認定優良施術所
フットリフォーム森田整骨院
〒590-0925 大阪府堺市堺区綾之町東 1-3-39
森田整骨院内(有)フットリフォーム
全国冷え症研究所大阪分室
   フリーダイヤル  ヨクナル フットリフォーム
0120-491-210
(TEL072-221-0223)
受付時間
午前
9:00-11:30
午後
4:00- 8:00
×
土曜のみ午前9:00-12:30
【休診日】土曜午後・日・祝
HOME>モンゴルボランティア活動報告
モンゴルボランティア活動報告
フットリフォーム代表森田茂は、モンゴルの子どもたちに足底板入りの靴をプレゼントしたり、足底板をつくるボランティア活動を2000年より行っています。活動のきっかけは、在大阪モンゴル名誉領事の方に見せられた1枚の写真です。その写真にはひと目でわかるほどのO脚やX脚のモンゴルの子どもたちが並んでいました。「一度、見に行ってもらえませんか」と名誉領事に頼まれ、業界では初めてモンゴルを訪れ、ボランティア活動を始めました。現在は有志を募り毎年モンゴルを訪れて活動しています。 モンゴルボランティア活動報告
モンゴルの子どもたち

モンゴルボランティア活動報告 モンゴルではO脚、X脚、尖足等の症状をもつ子どもたちが多くいます。その理由は冷下30度まで冷え込む冬の気候に関係があるようです。モンゴルでは、乳児が風邪をひかないよう両足をそろえて布で包み、はだけないようにヒモで縛る習慣があります。この習慣により股関節の成長が阻害されるのが原因のようです。また乳幼児検診がなく障害の発見も遅れています。
私が処方した足底板を入れて1年後の様子
活動のようす(2006年)

モンゴルボランティア活動報告
2006年は7名でモンゴルへ行ってきました。
活動報告は「日本鍼灸マッサージ新聞」に掲載されていますので、そちらをご覧ください。
⇒「記事を見る
活動のようす(〜2005年)

モンゴルボランティア活動報告
モンゴルボランティア活動報告
★日本モンゴル国交樹立30周年記念祭に随行した際の写真(左前列古賀議員・海部元首相・モンゴルで司馬遼太郎さんを案内した方、羽田元首相・最後列中央私) 地元テレビ局からインタビューを受けているようす
モンゴルボランティア活動報告
モンゴルボランティア活動報告
★2004年首都ウランバートル市から列車で10時間離れた地方での活動。足底板作成の風景 ★毎回モンゴルの子どもたちに(株)ミズノ製の足底板入りシューズを100足寄付しています
モンゴルボランティア活動報告
モンゴルボランティア活動報告
★右からJICA(青年海外協力隊)の広瀬氏、石橋先生、坂倉先生、私、モンゴル人教諭、JICAの田島氏 ★旭鷲山関のお母さんを治療しているようす
朝日新聞
地元有力紙
日本鍼灸マッサージ新聞紙
会報 かんゆう
モンゴルボランティア新聞掲載
モンゴルボランティア新聞掲載
モンゴルボランティア新聞掲載
モンゴルボランティア新聞掲載
モンゴルボランティア新聞掲載
モンゴルボランティア新聞掲載
2002/12/29
2001/8/18
2001/12/20
2004/10/20
2002/10/1
2002/10/1

 森田整骨院内(有)フットリフォーム〒590-0925 大阪府堺市堺区綾之町東 1-3-39
 フリーダイヤル(0120)-491-210 <TEL(072)-221-0223>
 e-mail 
 [受付時間]平日午前9:00-11:30 午後4:00-8:00 ※土曜日のみ午前9:00-12:30
Copyright(C)2007-2009 フットリフォーム森田整骨院 All rights reserved.